誰でもかける『トレード日記』の書き方を初心者目線で解説します。

こんにちは、ぶーやんです。

今回はトレードしていく上で大切な『トレード日記』の作成方法について解説していきたいと思います。

僕もトレード日記を書いていないときは同じミスを何回もしていましたが、記録を残すようになってからはミスが少なくなり、自分のシナリオに沿ったトレードができるようになりました。

悩んでいる人

トレード日記はどうやって書いたらいいの?

悩んでいる人

自分のトレード日記が見返したらわかりにくい

悩んでいる人

そもそもトレード日記ってなんのためにつけるの?

ぶーやん

トレード日記をつけることで自分の予想と結果がどう違ったか確認できるので、トレードの質の向上に繋がるんです。
僕が実際に使っているフォーマットを紹介するので使ってみるかお好みに改変して使ってみてください。

《この記事でわかること》

・トレード日記をつける理由
・トレード日記のつけ方

目次

トレード日記をつける理由・メリット

まずトレード日記をつける理由とメリットですが、為替取引をするときに皆さんが忘れがちなことがあります。

・全く同じチャートは二度とこない
・常に為替レートは変動する
・トレードは全て覚えているのか

スキャルピングトレードをする人で多い人だと1日に何十回のポジションを保有します。

自分が何を根拠にポジションを持ったのか明確にし、その結果自分が思い描いたトレードシナリオ通りにチャートが完成したのか記録しておくことで、次回のトレードの質が向上します。

キャンバ画像

このようにトレードの流れは、環境認識→シナリオ構成→アラート設定→トレードになります。

この流れを記録しておくことで自分がどのようなトレードシナリオを構成したのか確認でき過去の自分には見えなかったものが見えるようになります。

例えば、前回の環境認識では売り目線だったのが今回は買い目線になる可能性もあります。

これは新しいロウソク足が完成しチャートパターンができることでそうなることもありますが、エリオット波動が今何派なのかを判断数だけで変わってきます。

上昇の1波だと思っていたのが、実は下降の3波だった等…たくさんありますが、エリオット波動の見極めはかなり難しいので完全に見極めることはできません。

それでも日記をつけておくことで過去の自分がどのようにチャートを認識したのか確認できるので絶対につけておくべきなのです。

トレード日記の正しい付け方は?

トレード日記の正しい付け方は人それぞれなので正解はありません。が、質のいい日記を完成させるためにどんなことに気を付けたらいいのかを解説していきましょう。

監視足よりも上位の時間足の方向性を確認して記録する

(例)監視足が1時間・4時間の場合→日足・週足の方向性を確認

(例)大きい足で方法性を未確認で逆張りエントリー

例えば、自分が見ている時間足より大きな足で下目線なのに短期足で上目線(ロングエントリー)するとエントリー直後に逆行してしまうケースが多いです。初心者の方に多い事例なのでこれもトレード日記を書くことで防ぐことができます。

月足をみても良いですがあまりに期間が長いため方向感が出てないことが多いです。週足レベルから見るのが良いかと思います。

それぞれの足がどっちの向きなのか、チャートパターンは作ってないか確認し、記しておきましょう。

初心者のうちは上位足に向きに沿ったトレードをするように心がけましょう。

上位足の流れと同じ方法へのエントリー根拠を記録する

先ほども言いましたが、上位足と同じ向きにエントリー(順張り)の方が優位性が高いエントリーになります。100%の勝率は存在しないので、70%くらい勝てるように頑張りましょう。

その為に、週足からエントリー足までの方向感を記録しておきましょう。

上位足に沿って方向でエントリーしましょう。上位足の方向性の方が強いパワーを持ってます。初心者のうちは逆張りはやめておきましょう。エントリー後逆行しましたってことになりかねません。

もちろん順張りだと100%勝てるとはいいませんが、勝率は高くなります。

リスクリワードを設定した根拠・位置を記録する

リスクリワードが最低でも1:1を切らないようにしましょう。『損小利大』を意識してトレードしましょう。初心者にありがちなのが『損大利小』が多いです。それはリスクリワードがしっかり設定できてないからという要因からもあります。

エントリした時の流れはこんな感じです。

『エントリー』→『損切り設定』→『利確設定』  

ここで注意が必要なのが、利確位置から決めてしまうことです。利確位置から決めてしまうと、損小利大の概念が崩れてしまいます。

人間の心理として利益が出ればすぐ利確してくなり、損が膨らむといつか利益に反転することを信じてポジションを保有しすぎてしまうことがあります。

損切り注文を入れておくと無駄な損失を最小限におさえることができます。ただ、損切り注文を狩って反転する動きをすることがあるので注意が必要です。

ロウソク足の形も記録する

意外と忘れられているのが、ロウソク足の形です。

ロウソク足は様々な情報が入手できる基本のチャート分析ツールです。ロウソク足の形にもいろんな種類があってトレーダーの思惑を読み取ることができ、そこからシナリオを作っていくことができます。

インジケーター等に頼りすぎるトレードは上達しません。かえってチャートが見にくくなってしまっては本末転倒です。

お気に入りのインジケーターを1つ2つ程度表示させるくらいにしておきましょう。

エントリー(予想)後の結果を記録する

環境認識をもとにエントリーや予想をした後は、結果も確認する必要があります。

確認ポイント

・エントリーの方向はあっていたか。
・損切り/利確位置はあっていたか。
・リスクリワードは適切であったか。
・相場の方向感はあっていたか。

これらのことを確認しておきましょう。確認して自分のシナリオ通りに相場が動いたのか調べ、合っていた回数が増えてくると成果が出始めた結果です。

まとめ

これを繰り返すことで、相場観が養われます。毎日1年間繰り返した人と、やってこなかった人とでは天と地の差が開いているのでぜひ取り組んでみてください。

トレード日記は回数をこなせばこなした分だけ上達します。初心者のうちから始められることなのでやってみて下さいね!

自分のシナリオに沿って実際にトレードすると更に成長できます。リアルマネーがかかると人は自然と本気になりますしトレードの質が向上します。

皆さんもがんばってください!!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる