Googleアドセンス「ads.txtファイル」エラー対処方法【mixhost】

こんにちは、ぶーやんです。

今回はGoogleアドセンスを所得した後で、「ads.txtファイルのエラー」表示の対処方法を紹介したいと思います。僕はサーバーを「mixhost」で契約しているので同じ方は必見です。

目次

Googleアドセンスの登録

Googleアドセンスの登録・審査通過後のお話になるので、Googleアドセンスの登録がまだの方はまずはこちらの記事をご確認ください。

ads.txtファイルのエラーってなに?

そもそも「ads.txtファイル」ってなんぞや?って方が多いと思います。

簡単に説明しますと、自分の運営しているサイトで不正な広告の販売を防止することを目的としているみたいです。

ブログやサイトによっては設置できないものもあるみたいですが、設置できる場合は設置することをオススメします。

詳しく知りたい方は、アドセンスヘルプの方でご確認ください。

対処方法

作業自体はとても簡単で、2ステップで完了です。

1:ads.txtファイルを作成
2:ads.txtファイルをサーバー上にアップロード

これで完了です。反映もすぐにされるので初心者の方でも簡単です。

それでは各手順を詳しく見ていきましょう。

ads.txtファイルを作成する

テキストファイルを作成します。

メモを起動して、必要事項を打ち込みデスクトップ上(任意)に保存してください。

入力内容ですが、上記のように入力すればOKです。下記のかっこ内だけをコピーしてお使い下さい。

「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」

赤色の数字の部分ですが、そこは人によって番号が違うので変更する必要があります。

忘れずに変更しましょう。


確認方法は、Googleアドセンスホームページの「アカウント」→「アカウント情報」から確認できます。

アカウント情報の、「パブリッシャーID」の数字部分が必要となるので、数字部分をコピーしてください。

コピー出来たら、先ほどのテキストファイルにペーストしてads.txtファイルを完成させましょう。

テキストファイルの保存名を「ads.txt」と入力して保存して次のステップです。

ads.txtファイルをサーバー上にアップロード

次は自分が契約しているサーバー上にads.txtファイルをアップロードします。

「mixhost」の場合を説明します。


まずmixhostホームページアクセスします。mixhostホームページはこちら

アクセスしたら、「有効なサービス」から自分が使っているドメインをクリック


赤丸の「ファイルマネージャー」をクリック


「public_html」をダブルクリック


画面上側の「アップロード」をクリック


「ファイルの選択」をクリックして、さきほど作成した「ads.txtファイル」をアップロードします。


青丸のように「100%」表示になるのを確認したら、public_htmlに戻るをクリック


「ads.txtファイル」が存在していることを確認してください。


これで作業は完了です。

Googleアドセンス側の反映もすぐにされると思います。

エックスサーバーなども同じようなやり方でできますので、ぜひ参考にしてください。

コマンド入力で設置することも可能ですが、こちらの方が簡単で設置ができているか確認しやすいので初心者の方にはおすすめです。

まとめ

今回はGoogleアドセンスでads.txtファイルのエラーが出た時の対処法を紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

コメント

コメントする

目次
閉じる